川 柳 舞 踏 『 赤 姫 青 海 波 』

情野千里

2009年4月18日(土)18:00~18:30
        19日(日)15:00~15:30

(ライブ公演に先立ち、ビデオ作品『赤姫青海波』を放映)


赤ほど顕かな色はないtako.jpg風に朱が混じって転びやすい午後
青ほど穏やかな色はない
・・・思いこみを高らかに嗤う祝女(のろ)の黒い口腔
ところで、あなたはデビルフィッシュ(蛸)と踊ったことがありますか?
あいつは墨を吐きますからね・・・。



情野千里SeinoChisato(川柳作家・舞踏家)

1980年に時実新子の下で川柳を、1990年に桂勘の弟子として舞踏を始める。
1992年から“桂勘の舞踏ワールドツアー”に参加、タイ、フランス、イギリス、西アフリカ、ポーランドなどで舞踏公演に出演する。
1993年に〈川柳舎・みみひめきっちん〉を創立、代表として川柳パフォーマンスの企画、制作、発表をおこなう。1991年に始まった播磨文芸祭(主催:姫路文学館)ではイベントの一環として川柳パフォーマンス公演をおこない、ほぼ毎年新作を発表している。
1994年からザ・モール姫路KCCにおいて川柳教室の講師を務める。
2002年に“詩のボクシング”兵庫県初代チャンピオンとなる。また、この年より川柳雑誌に“川柳パフォーマンス占い”の連載を始める。
2004年に「姫路文連」姫路文化賞・第22回黒川録朗賞を受賞する。
2005年に“情野千里の川柳舞踏ワールドツアー”を開始、オランダ公演をおこなう。
2006年に“川柳舞踏エクアドルツアー”をおこなう。
2007年に総合文芸誌『文藝みみやなぎ』(年2回発行)を創刊する。
2009年5月、“川柳舞踏ワールドツアー”Vol.3としてタイ公演を予定している。


お知らせ

5月から始めます。新しい川柳の愉しみ方を情野千里が指南!
題して『川柳の壺SP』
第3火曜日午後6:00から7:30
場所はここ“プラネットEartH”
会費は1000円